マース煮は、塩と泡盛で煮たとてもシンプルな沖縄料理です。白魚を使って煮るので、健康には大変いいのです。

マース煮は、魚本来の味をひきたてる
Navigation

マース煮は、魚本来の味をひきたてる

マース煮は、魚本来の味をひきたてる マース煮は、沖縄で人気の魚料理です。この料理は、白身魚を煮るのですが、一般の家庭では、砂糖と醤油で煮るところが多いですね。しかし、この料理は、しょうゆや砂糖は一切使わず、塩と、沖縄で有名な泡盛を使って煮たものなので、白身魚本来の味を楽しめるところが特徴ですね。白身魚に泡盛お風味も残っているので、ご飯のおかずには最高ですね。また、味が濃くないので、健康にも非常にいい料理といえます。

沖縄で取れた塩を使っての料理なので、マース煮は、地産地消でいい料理といえますね。カロリーが高い料理を食べ続けると、健康にはよくないので、味付けを薄味にすることが大事なのです。マース煮で使う魚も白身なので、たんぱくな味なのでさっぱりいただきたい方にはお勧めですね。魚を塩で煮ただけのものですと、魚の味を100パーセント味わうことが出来るのです。砂糖と醤油で煮たものですと、よく見ていないとすぐに焦げてしまうのですが、これでしたら、こげる心配もないのがいいですね。魚を煮る時には、内臓とうろこを取ってから煮ることになるのです。すっぱいものが好きな方は、食べる時に沖縄で有名なシークワーサーをかけると酸味を感じられていっそう美味しく食べられるのです。

Copyright (C)2014マース煮は、魚本来の味をひきたてる.All rights reserved.